人事労務ニュース
人事労務ニュース

文書作成日:2019/03/19

確認しておきたい平成31年度の社会保険料率

 一般的に、社会保険料率は年度が変更になるタイミングで見直しが行われます。平成31年度(2019年度)の社会保険料率についても情報が出揃ってきたことから、ここでまとめて確認しておきましょう。

[1]健康保険(協会けんぽ)の健康保険料率
 全国健康保険協会(協会けんぽ)の健康保険料率および介護保険料率は、例年3月分(4月納付分)から見直しが行われています。平成31年度の健康保険料率については下表のように変更され、各都道府県によって、引上げ・引下げ・据え置きに分かれました。なお、介護保険料率は全国一律で、1.57%から1.73%への引上げとなりました。

[2]厚生年金保険料率
 厚生年金保険料率は、平成16年から段階的に引上げられましたが、平成29年9月を最後に引上げが終了し、18.3%で固定されています。そのため、平成29年9月以降は変更ありません。

[3]雇用保険率
 雇用保険率は毎年度、財政状況に照らして見直しが行われます。平成30年度はいわゆる弾力条項により、以下のようになっており、平成31年度についても引き続き弾力条項を適用することで、平成30年度から据え置きとなります。

  1. 一般の事業 0.9%
  2. 農林水産・清酒製造の事業 1.1%
  3. 建設の事業 1.2%

[4]労災保険率
 労災保険率はそれぞれの業種の過去3年間の災害発生状況等により、原則3年ごとに見直すことになっています。前回は平成30年度に見直しが行われため、平成31年度は変更されません。

 健康保険料率、介護保険料率は3月分から変更になりますので、3月に賞与支給がある場合は、賞与にかかる保険料から新しい保険料率で控除する保険料を計算する必要があります。また、給与計算では自社の社会保険料の控除のタイミングに合わせて控除する保険料率を変更しましょう。

■参考リンク
協会けんぽ「平成31年度保険料額表(平成31年3月分から)」
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat330/sb3150/h31/h31ryougakuhyou3gatukara
厚生労働省「雇用保険料率について」
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000108634.html


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。




産休中の社会保険料免除と期間の変更手続き2019/03/12
医師の面接指導の対象者拡大と求められる労働時間の状況の適正な把握2019/03/05
2019年4月より簡素化される一括有期事業の事務手続き2019/02/26
従業員が退職するときの申出時期と年休の取得2019/02/19
1月より変更となった労働者死傷病報告の様式2019/02/12
被扶養者資格の再確認の結果とこれからの時期に取り組みたいアクション2019/02/05
年5日の年次有給休暇の取得義務に向けた実務上の注意点2019/01/29
厳格化される過半数代表者を選任する際の注意点2019/01/22
厚労省が実施した「過重労働解消相談ダイヤル」の相談内容は「長時間・過重労働」が4割2019/01/15
平成30年の大卒初任給は206,700円2019/01/08
今春よりスタートする時間外労働の上限規制への実務対応2019/01/01
10月1日からマイナポータルで作成が可能となった就労証明書2018/12/25
割増賃金率の就業規則への記載と、近年行われた法改正と就業規則の整備2018/12/18
育児短時間勤務制度を導入・運用する際のポイント2018/12/11
増加の一途をたどる65歳以上の常用労働者2018/12/04
お問合せ
株式会社ユアーズブレーン
〒730-0042
広島県広島市中区国泰寺町
1-3-29 MRRデルタビル3階
TEL:082-243-7331
FAX:082-249-7070