医療経営情報
医療経営情報
文書作成日:2019/10/31


 2017年(平成29年)より、妊娠・出産・育児休業等に関するハラスメント(以下、マタハラ)の防止措置を適切に講じることが、事業主の義務となっています。ここでは、今年7月に発表された調査結果(※)から、医療機関におけるマタハラ防止対策の取組状況をみていきます。




 上記調査結果などから、医療機関(以下、医療,福祉)におけるマタハラ防止対策の取組割合をまとめると、下グラフのとおりです。


 2017、2018年度とも80%近い割合でマタハラ防止対策に取り組んでいます。産業計と比べると、両年度とも医療,福祉の方が取組割合は高い状況です。ただし、2018年度の結果をみると情報通信業や金融業,保険業など、医療,福祉よりも高い取組割合の業種もあります。




 次に医療,福祉で行われている具体的な取組について、2018年度の内容別の割合をまとめると下表のとおりです。

 就業規則、労働協約等の書面でマタハラについての方針を明確化し、周知した割合が73.4%で最も高くなりました。次いで相談・苦情対応窓口を設置した割合も50%を超えて54.5%となりました。



 2020年にはまず大企業から、パワハラ防止対策が義務化されることになっています。医療機関でも、今後はマタハラやセクハラだけでなく、パワハラについても防止対策に取り組む必要があります。
 貴院の取組状況はいかがでしょうか。

(※)厚生労働省「平成30年度雇用均等基本調査
 日本標準産業分類に基づく16大産業に属する、常用労働者10人以上を雇用している民営企業のうちから、産業・規模別に層化して抽出した企業を対象に行われた調査です。


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
 本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。


お問合せ
株式会社ユアーズブレーン
〒730-0042
広島県広島市中区国泰寺町
1-3-29 MRRデルタビル3階
TEL:082-243-7331
FAX:082-249-7070